GravioとIVAR連携の設定

IVARにadminアカウントを使ってログインします。

 

4. Gravio Studio での IVARの設定

System メニューを選択して About メニューを開きます。
IVAR Information の ID を {} を含めてコピーします。

 

Gravio Studio のデバイスタブを選択してエリアとレイヤーを追加します。
レイヤーは IVAR 人数カウントを選択して保存ボタンを押します。

 

Gravio Studio から HubKit を選択してデバイスパネルから IVAR メッセージの設定画面を開きます。
DNS名前/IPアドレスを追加には IVAR/BAP がインストールされている PC のアドレスを入力します。
IVARサーバーIDを追加には、先ほどコピーした ID をペーストします。
追加ボタンを押すと登録されます。
続いて HubKit エンドポイント を右側のコピーボタンをクリックしてコピーします。

 

5. デバイスの登録


  

  

  
  

レイヤーにチャネルをバインドして、保存された IVAR のレイヤーを有効にします。
GravioでのIVARの設定につきましてはこちら もあわせて参照してください。
 

6. Gorilla IVARでのGravioのSubscriptionの登録

 

IVARの Events を選択して Subscriptions を開きます
+ボタンを押します。

 

Enable にして Event Types Selection を開き All Events を選択します。

 

Protocol を HTTPS に変更して、 URL に先ほどコピーした HubKit Endpoint をペースとします。
Save ボタンを押して保存します。

 

保存されるとイベント一覧に表示されます。
削除する場合にはゴミ箱のアイコンをクリックします。

 

7. Gravio Studioでの データビューアでのイベント受信の確認

データビューアを開き IVAR からイベントが送信されていることを確認します。

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました