IVARのカメラ+画像認識の設定

IVARにadminアカウントを使ってログインします。

 

1. IVARでonvifカメラを登録します

ログインするとチャンネル画面が表示されます。
+ボタンを押してチャンネル1を登録します。

 

使用するカメラはONVIFカメラですのでONVIFを選択して Next ボタンを押します。

 

同一ネットワークに設置されているカメラが一覧に表示されます。

 

今回はIO DATAのTS-NA220Wを使用しますので、チェックボックスをオンにしてUsernameとPasswordを入力して Next ボタンを押します。

 

カメラで使用できるプロファイルが一覧に表示されますのでMain-streamで選択します。
顔認識の場合は、解像度が高い方が望ましいためフルHD(1920×1080)を選択します。
今回はテストですので profile2 を選択して Apply ボタンを押します。

 

カメラが登録されました、削除する場合には Remove ボタンを押します。

 

カメラの設定が完了すると自動的に映像を保存しますので、ハードディスクを圧迫しないようにテストでは映像を保存しないように設定を変更します。

Settingボタンを押して、下にある Recording Schedule を開きます。

 

Recording Type Selectionで Erase を選択してからMain-stream(黄色)が録画されているのを範囲を指定して解除(白色)にします。
Save ボタンを押すと設定が変更されます。

 

View ボタンを押してライブ映像に切り替えます。

 

2. 画像認識の設定

続いて画像認識の設定を行います。今回はテストとしてカメラに写る人の数を数える People Count の設定を行います。
他にもユーザを事前に登録しておく顔認識やユーザの行動遷移を認識する機能もあります。

IVA Setup メニューから Analytic Setup を開きます。
左下の+ボタンか click on the plus icon (+) リンクをクリックしてください。

 

Create Profile で Channel Selection は Channel 1 を、Settings Template Selection は Intelligent Behavior Analysis – People Count を選択して Save ボタンを押して保存します。

 

保存すると左の Channel 1 に new_profile が表示されますので選択します。

 

People Count が有効となる条件を設定します。テストでは認識するラインを設定して、そのラインを超えて移動する人の数を数えます。

鉛筆のアイコンをクリックします。

 

LINE を選択して、映像の認識する箇所にマウスで線を引きます。確定はダブルクリックです。
線を引く向きによって線を左から右に越えたときか、右から左に超えたときかの指定が出来ます。
テストでは線を右から左に超えたときの設定です。
Save ボタンを押して保存します。

 

認識する設定条件を確認して Save ボタンを押して保存します。

 

設定を有効にするために Schedule Settings は Always On を選択して Save ボタンを押します。

 

3. Liveでの画像認識の確認

Channels メニューから Channel 1 を開いて View を選択するとライブ映像が表示されます。
右側にカメラの映像を認識してPorple Count のイベントが発生すると表示されます。

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました