最初の変数カテゴリは「アクション変数」カテゴリです。

左矢印ボタンをクリックしてビューを展開すると、使用可能なアクション変数の概要が表示されます。

さまざまな色は、int、double、string、bool、datetime、genericなどのさまざまな型を参照します。

「Action Variables」に表示されているこれらのフィールドは、後の「Processing」ペインで参照できます。

これらの変数を参照するには、アクション変数名の前に “av.” (アクション変数の場合)を接頭辞として付けます。例えば。 “av.SenderId”

最初は、各アクションには事前定義変数があります。

Timestamp
日付
Date
SensorDeviceid
Senderid
Dataid
Kind
DataType
DataKind
Id
TriggerDateKind
TriggerName

「+」ボタンをクリックして自分の行動変数を追加することができます:

新しい変数に名前を付け、必要に応じてデフォルト値を割り当てます。

デフォルト値を割り当てるには、ダブルクリックしてこのフィールドを再度編集します。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信