BfranchとBranchCase, BranchTimeCaseコンポーネントは、条件に応じてアクションを分岐することができます。

Branchコンポーネントを追加し、上部のタイムラインでダブルクリックすると、上部のブレッドクラムバーに示されているように、「階層レベル」が下に移動します。

このレベルでは、BranchCaseもしくはBranchTimeCaseコンポーネントを追加することができます。

BranchCaseでは、条件を指定します。条件に合致したレコードに対してサブアクションが実行されます。

BranchTimeCaseでは、 DateTime型のステップ入力フィールドを指定して、時刻が範囲内にあるレコードに対してのみサブアクションが実行されます。
”Target”には対象となるステップ入力のフィールド名を指定します。
”Start Time”、”End Time”は HH:mm:ss 形式で指定します。分や秒は省略することもできます。また、 26:00 のように指定すると、@2:00@を指定したのと同等になります。
”End Time”が”Start Time”より小さい場合、例えば、”Start Time”が 22:00 、“End Time“が 06:00 のような場合は、深夜0時をまたいでの範囲となります。前述の場合、 0:00から6:00と22:00から0:00までが対象となります。
”End Time”ちょうどの時刻は範囲に含まれません。

BranchCaseやBranchTimeCaseをダブルクリックすると、条件に合致した場合に実行されるサブアクションの設計を続けることができます。

BranchCaseやBranchTimeCaseは左から順に評価されます。条件に合致したレコードは次の条件の評価対象にはなりません。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信