新しいアクションを作成するには、エッジサーバー内のアクション構成ビューの右上にある「+」記号をクリックします。

新しいアクションカードが表示されます。アクション名(アクションx(xは数字))とアクションID(16進文字列)が含まれています。アクションIDは、たとえばAPI経由でアクションをトリガするために使用できます。

そのアクションカードをダブルクリックすると、ステップエディタが開きます:

 
アクションは、実行されているシーケンス内で左から右に並べることができるいわゆる「ステップ」(「アクションコンポーネント」とも呼ばれます)で構成されます。

新しいステップを追加するには、右上の「+」アイコンをクリックし、「アクションコンポーネントライブラリ」から新しいステップを選択します。

コンポーネントを選択すると、ステップを構成してその変数にアクセスしたり、その変数を処理したりする次のビューが表示されます。

各コンポーネントの詳細な説明については、アクションコンポーネント をご覧ください。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信