例外を使用すると、特定のコンポーネントに関連するエラーまたはイベントが発生した場合に、アクションの動作を制御できます。 これらには、

#一般的なエラーが発生した場合、その後どのように処理を進めるかを以下のリストから選ぶことができます。

   *他の特定のアクションに移動する
   *このアクションを停止する
   *このアクションを続行する
   *このアクションを再実行する
   *このステップを再実行する

コンポーネント固有の例外には、たとえば次のものがあります。

#AWSでの認証に失敗しました
#ファイルシステムへのアクセスに失敗しました
#音の再生に失敗しました
#など

以下は、Polly Speechコンポーネントの例外処理の例です。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信