フィルタアクションコンポーネントは、ブランチコンポーネントに似ていますが、アクションをブランチに誘導するのではなく、指定された条件に従ってフィルタリングします。条件に応じてアクションを停止または継続したい場合があります。このコンポーネントを使用することで、それの方法が得られます。

次の例では、CSVを読み込み、101より大きいIDでフィルタリングします。この場合、JSONファイルに出力を書き込みます。

まず、ファイルを読み込み、 sv.csvheadername で構成されるそれぞれの sv (ステップ変数)を読み込みます。

次に、ステップの結果がフィルタコンポーネントに渡され、そこでフィルタ条件がプロパティで設定されます。 “ステップイン“変数の sin. sand(前のコンポーネントのステップ結果フィールドから継承):

最後に、変数をJSONファイルに書き出します。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信