このトピックにはありませんでした
他のトピックを検索して以下の内容を見つけました

Gravio Hub

Gravio Hub

Gravio Standard 以上のサービスメニューをご契約の方は、Gravio Hubをレンタルすることが可能です。 Gravio Hubを使えば、1台で最大64個のセンサーのデータを処理できます。

Gravio Hubのデータディレクトリ

補足 » Gravio Hubのデータディレクトリ

Gravio Hubの停止方法

Gravio Hub » Gravio Hubの停止方法

Gravio…

Gravio Hubのインジケーターランプの状態

Gravio Hub » Gravio Hubのインジケーターランプの状態

Gravio HubのGravioロゴは、さまざまな色やパターンで点灯し、下記の内容を確認することが出来ます。 LED 状態 コメント 青色点灯 箱から出した最初の起動時 …

Gravio HubへのSSHでの接続方法

Gravio Hub » Gravio HubへのSSHでの接続方法

Gravio Hubではセキュリティ上の理由から、デフォルトでSSHが無効になっています。 初期設定 より Gravio HubにSSHで接続する場合にSSHの利用をオンにします。 Gravio…

Gravio StudioからHubへのアクセス制限をかけたい場合

補足 » Gravio StudioからHubへのアクセス制限をかけたい場合

HubにアクセスするGravio Studioを制限する HubにアクセスするGravio Studioを制限するには、Hubに使用するGravio…

Gravio Hub for Macでインストールエラーが発生した場合の対応方法

トラブルシューティング » Gravio Hub for Macでインストールエラーが発生した場合の対応方法

Gravio Hub for…

Gravio Light

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » Gravio Light

Gravio Lightコンポーネントは、Gravio LightのOn/Offならびに色と明るさの変更ができます。 このコンポーネントを利用するにはあらかじめGravio Lightをペアリングしておく必要があります。 …

Hubリストビュー

Hubリストビュー

GravioのHubリストビューでは、接続されているすべてのエッジサーバーの概要を確認できます。 Hubの設定方法については、インストールとセットアップ…

Gravioエッジウェア構成

はじめに » Gravioエッジウェア構成

Gravioは以下のアプリケーションモジュールで構成されています: Gravio Studio : HubKitを管理・設定するためのGUIツールです。 HubKit :…

Gravioとは

はじめに » Gravioとは

GravioはIoTデバイスを接続するプラットフォームです。…

Gravio Apps Framework

Gravio Apps Framework

Hub構成ビュー

Hub構成ビュー

1つのHubをダブルクリックすると、Hub構成ビューが表示されます。 下部には6つのタブを含むタブバーがあります。 #デバイス –…

Gravioが利用するネットワークポート

補足 » Gravioが利用するネットワークポート

HubKitの各サーバーモジュールは以下のポートを利用しています。 Gravio Action Service – HTTP:29282 HTTPS:29443 Gravio Control Service – HTTP:29283 HTTPS:29444 Gravio Edge Service – HTTP:29284 HTTPS:29445 Gravio…

Gravio Studio for Windowsのサイドローディングインストール

補足 » Gravio Studio for Windowsのサイドローディングインストール

Gravio Studio for Windowsのサイドローディングの手順 サイドローディングとは、アプリをStoreからではなくインストーラからWindowsにインストールする方法です。 1.…

LametricをGravioで利用してみる

3rdパーティー製品との接続 » LametricをGravioで利用してみる

GravioはLaMetric を使用することで、ビジュアルデータまたはテキストデータを出力できます。 使用方法は次のとおりです。 Step 1: LaMetric のIPアドレスを見つけます -…

APIを介してGravio Edge Serverからセンサーデータを取得する

Gravio Apps Framework » APIを介してGravio Edge Serverからセンサーデータを取得する

Gravio App API (以下 gappapi)…

より深くGravioを利用するための情報

より深くGravioを利用するための情報

より深くGravioを利用するための情報 »

Gravio は HubKit または Gravio Hub 自体が動作するコンピュータ(macOS, Windows, Linux)を管理サーバで管理したい場合は、Gravio コーディネーターを使うことができます。( Gravio Enterpriseサービス契約のみ) Gravio…

メンテナンス

Gravio Hub » メンテナンス

Gravio Hubにブラウザを使用してUpdate Managerを開きます。 ブラウザで、前章で設定した「<Hostname>.local」と入力します。     ログインすると Gravio Hub設定…

インストールとセットアップ

はじめに » インストールとセットアップ

Windows 10を利用してGravioを使う Gravioの利用には、2つのソフトウェアのインストールが必要です。 Gravio Studio for WindowsとHubKitの2つです。 Gravio Studio for WindowsとHubKitのインストール Gravio Studioを…

初期設定

Gravio Hub » 初期設定

ここでは、Gravio Hubの初期設定に関して説明していきます。 Gravio Hubを利用するために、必要なことは以下の2点です。 Gravio Hubをネットワークに接続するために WiFiネットワークの設定…

HubKitにルートCA証明書をインストールする方法

補足 » HubKitにルートCA証明書をインストールする方法

Windows 10 エクスプローラから証明書ファイルをダブルクリックします。 証明書ウィンドウで、[証明書のインストール]をクリックします。 …

はじめに

はじめに

Gravioへようこそ! GravioはIoTデバイスを接続するプラットフォームです。…

PlaySound

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » PlaySound

Play Soundアクションコンポーネントはかなり簡単です。…

トラブルシューティング

トラブルシューティング

このセクションでは、Gravioでのプログラミングなどの開発時に発生しやす問題を列挙して、修正する方法について説明します。

ソフトウェアセンサー

Hub構成ビュー » デバイスタブ » ソフトウェアセンサー

Amazon Polly Speech

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » Amazon Polly Speech

Amazon Pollyは入力テキストをスピーチに変換します。 この機能は、デバッグの目的に役立ちます。 Amazon…

ログビューア

Hub構成ビュー » ログビューア

[ログビューア]タブでは、Gravioが生成するログファイルにアクセスできます。 主にデバッグに使用されます。 ログには以下が含まれます: フローログ –…

アクションを外部アプリから実行する

アクション構成ビュー » アクションを外部アプリから実行する

外部のアプリからアクションを実行することができます。以下のこれを行う方法を説明します。 準備 Gravioサーバーをインストールして起動してください。 Gravio…

一般的な課題

トラブルシューティング » 一般的な課題

症状 説明 対処法 コメント Gravio Studioが期待どおりに動作しない HubKitの接続が不安定であるか、HubKitが動作していません Gravio…

RunScript

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » RunScript

RunScriptコンポーネントを使用すると、OS標準のスクリプトを実行することができます。 Gravio…

物理センサー

Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー

レイヤーにデバイスを追加する Gravioには様々なセンサーを接続できますが、物理センサーとして、Gravio Basic購入者には 無償デバイスレンタル…

プロパティ

アクション構成ビュー » アクション内で利用できる変数 » プロパティ

各アクションコンポーネント(=Step)には、独自のプロパティ変数があります。 例えば、「HTTPPost」コンポーネントは、“URL”, “HTTP Method”, “Content-Type”, “Query String”,…

設定タブ

Hub構成ビュー » 設定タブ

ボタン電池内蔵型デバイス (Zigbee仕様)の追加

Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー » ボタン電池内蔵型デバイス (Zigbee仕様)の追加

Gravio Studioを使ってボタン電池内蔵型デバイス (Zigbee仕様)のセンサーレシーバーとレイヤーを紐づける ボタン電池内蔵型デバイス…

Sensor Data Subscriber API

3rdパーティー製品との接続 » Sensor Data Subscriber API

デバイスタブ

Hub構成ビュー » デバイスタブ

新しいセンサータイプの追加

より深くGravioを利用するための情報 » 新しいセンサータイプの追加

Gravioプラットフォームは、新しいセンサーをインフラに追加する簡単な方法を提供します。 これを実現するにはセンサーが送出するデータの構造を定義する必要があります。これをSDD(Serial Data…

PhilipsHue

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » PhilipsHue

このコンポーネントでは、特定のフィリップス色相ライトの設定を変更できます。色と不透明度を指定し、ブリッジのIPアドレス、ユーザーID、ライトIDを設定する必要があります。 IPアドレスは…

MQTT Publish

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » MQTT Publish

MQTTパブリッシュ・アクション・コンポーネントを使用すると、MQTT PubSubシステム内のトピックにメッセージをパブリッシュできます。 Google Cloud…

アクションでJSONデータから値の取得

アクション構成ビュー » アクションでJSONデータから値の取得

アクション内でトリガーやローカルファイルから読み込むJSON形式のデータからJSONPath関数を使用して値を取得する方法を説明します。 機能 アクション内で JSONPath(json, path)…

物体認識の機械学習モデル作成手順

より深くGravioを利用するための情報 » 物体認識の機械学習モデル作成手順

ここでは、物体認識の機械学習モデル (darknet YOLO v2形式)で作成し、TensorFlowで利用する形式に変換するやり方での作成方法を、以下の手順で説明します。 (Gravio HubKit Version 3.8…