Gravio Lightコンポーネントは、Gravio LightのOn/Offならびに色と明るさの変更ができます。
このコンポーネントを利用するにはあらかじめGravio Lightをペアリングしておく必要があります。

コンポーネントプロパティ

Light選択式 On/Offするプラグを指定 *下記参照
Is On On/Offの指定
Hue 色の指定(Red,Yellow,Green,Blueから選択)
明るさ 明るさの選択(0〜255から選択)

Light選択式プロパティ

Gravio Lightを複数使用している場合で、個別にライトのプロパティを変更する場合には、このプロパティを使用して変更したいライトを指定します。
※Gravio Lightを1台ペアリングしている場合には、このプロパティは指定する必要はありません。

正規表現を使用してグルーピングして1度に複数のライトを指定することができます。

正規表現の例

正規表現で「Gravio Light」というライト名を指定する場合には、 ^Gravio Light$ と指定します。 Gravio Light1 Gravio Light2 Gravio Light3 のすべてを指定したい場合には ^Gravio Light または ^Gravio Light[1-3] のように指定します。

Gravio Studio

Light選択式プロパティにはGravio Studioで表示されるライト名を指定します。

Zigbeeのペアリング設定画面を表示します。

Zigbeeのドングルを選択して接続しているGravio Lightを確認します。標準ではライト名は Gravio Light となっています。

複数のGravio Lightをペアリングしている場合には「編集」ボタンを押してそれぞれ別のライト名に変更してください。

Gravio LightコンポーネントのLight選択式プロパティには、このライト名を指定します。

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました