Windows 10

エクスプローラから証明書ファイルをダブルクリックします。

証明書ウィンドウで、[証明書のインストール]をクリックします。

インポートウィザードで、[ローカルマシン]を選択し、[次へ]をクリックします。

次の画面で、[すべての証明書を次のストアに配置する]ラジオボタンを選択し、[信頼されたルート証明機関]を選択します。 「次へ」を押して、「終了」

Mac OS X High Sierra

Spotlight Searchを使用して「キーチェーンアクセス」を開きます。 「システム」キーチェーンカテゴリを選択し、Finderまたはデスクトップからキーをドラッグアンドドロップします。パスワードの入力が求められます。

インストールされた証明書(gravio.com)を右クリックし、「情報を取得」を選択します。 「Trust」の横にある下矢印をクリックし、X.509基本ポリシーの横にあるドロップダウンで「Always Trust」を選択します。ウィンドウを閉じると、パスワードの入力が求められます。証明書がインストールされています。

Linux (Ubuntu)

  1. “sudo apt-get install -y ca-certificates“を使ってca-certificatesプログラムをインストールします。
  2. Gravio証明書ファイルを “/ usr / local / share / ca-certificates“フォルダに移動します。
  3. “sudo update-ca-certificates“を使って証明書を更新します。 (注:証明書を確認するには、Gravioサービスを再起動する必要があります)

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信