MQTTパブリッシュ・アクション・コンポーネントを使用すると、MQTT PubSubシステム内のトピックにメッセージをパブリッシュできます。

Google Cloud MQTTシステムにメッセージを公開する方法の例を次に示します。

Google Cloudコンソールに移動してプロジェクトを作成します:

Google Cloud PlatformのIoTコアに移動する

Google IoT Core APIを有効にします。

デバイスレジストリを作成する

レジストリの名前を入力し、地域を選択してトピックを追加します(ここでは eventsstates など)。

この画面で[デバイスの追加]をクリックします。

そして、あなたは次のように見えます:

コマンドラインに次のコマンドを入力して、フィールドに貼り付けることができる証明書を作成します。

openssl req -x509 -newkey rsa:2048 -keyout rsa_private.pem -nodes -out rsa_cert.pem -subj "/CN=unused"

これにより、 rsa_private.pem というファイルと rsa_cert.pem というファイルが作成されます。

rsa_cert.pem ファイルの内容をウィンドウにコピーします。

Gravioからメッセージを受け取る準備が整いました。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信