MSTeamsPostMessageアクションコンポーネントは、マイクロソフト TeamsAPIを使用して、コンポーネントのプロパティにしてされたチャネルにメッセージをポストすることができます。

Incoming Webhook URLの取得方法 :
Teamsのメッセージをポストするチャネルにある「その他のオプション」メニューから「コネクタ」を選択します。
コネクタの設定画面から“Incoming Webhook“を選択して「構成」ボタンを押します。
Incoming Webhookの名前を入力して「作成」ボタンを押します。
Incoming Webhookが作成されるとURLも自動的に作成されます。

コンポーネントのIncoming Webhook URLプロパティには、このURLを指定してください。

[Incoming Webhook URL]フィールドにはTeamsで作成したURLを入力します。
[Text]フィールドにメッセージを入力します。
[Timeout(sec)]フィールドに送信タイムアウト時間を入力します。
*通常は30から変更する必要はありません。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信