ReadUserDBアクションコンポーネントを使用すると、ローカルLiteDB NoSQLデータベース http://www.litedb.org/ から読み取ることができます。

読み取られたデータはJSONから取得され、「ステップ結果」フィールドに入力されます。

これは、WriteUserDBコンポーネント で書き出したデータの取得に使うことができます。

  • [例外]では、このコンポーネントでのエラーハンドリングを定義できます。

*ファイル名またはテーブル名に不正な文字がある場合
*与えられたテーブルとフィールドのレコードがない場合

上記エラーの場合以下の処理を選択できます。
*他の特定のアクションに移動する
*このアクションを停止する
*このアクションを続行する
*このアクションを再実行する
*このステップを再実行する

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信