RunScriptコンポーネントを使用すると、OS標準のスクリプトを実行することができます。
Gravio ServerがWindowsで実行されている場合はバッチファイル、Linux、Raspbian、macOSで実行されている場合はシェルスクリプトを実行することができます。
Windows以外の場合、アップロードしたファイルに実行権を付ける必要があります。アップロードしたファイルは、 <データフォルダ>/action/scripts に配置されます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信