1つのHubをダブルクリックすると、Hub構成ビューが表示されます。


下部には6つのタブを含むタブバーがあります。
#デバイス – センサーを設定して、センサーをエリアやレイヤーに配置します。
#トリガー – アクションを実行するトリガーを設定する場所です。
#タイマー – スケジュールされたアクションの実行のためのタイマーを設定します。
#データビューア – 現在のセンサーデータを見つけることができます。 センサーの値はこのタブに表示されます。
#ログ – デバッグと最適化のためのGravio Serverログを見つけることができます。
#設定 – サーバー関連の設定を見つけてバックアップを実行できます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信