Gravioは以下のアプリケーションモジュールで構成されています:

  • Gravio Studio : Gravioサーバーを管理・設定するためのGUIツールです。
  • Gravio Server Services : センサーからの情報を取得し、必要に応じてユーザー作成のプログラム「アクション」を実行します
  • Gravio Cloud : Gravioサーバーで設定された情報などのバックアップストレージを提供します。

Gravio Studio (GS)
IoTネットワークを設定、作成、管理するための、Windows、Mac、iPad、iPhoneで利用できるユーザーフレンドリーなGUIツールです。

Gravio Studioを使って以下のような内容を管理・設定できます。

*物理的なセンサーデバイスのセットアップ。物理的なスペース内のどこに配置されているかのマッピング。
*センサーの管理、監視とメンテナンス。
*センサネットワークによってトリガされるアクションを作成、設定。(注:「アクション」の作成は現在Windows版Gravio Studioのみサポートしています。)
*生のセンサーデータのデータ表示。

Gravio Server Services(GSS)
Gravioによって実行されるサーバーモジュールを「Gravio Server Services」と呼びます。これらを総称して「Gravioサーバー」と呼びます。Gravioサーバーは、現在3つのバックグラウンドサービスで構成されています。Windows、Mac、Linux、Raspberry Pi上で動作します。

  • Gravio Control Service — GAS, GESの管理サーバー
  • Gravio Action Service — アクション実行、センサーデータの保存を行うサーバー
  • Gravio Edge Service — 物理センサーとの接続管理と、センサーから取得したデータをGASに送信する役目を担っています。

Gravio Cloud (GC)
Gravioの各ユーザーは、自分のGravio Cloudアカウントにアクセスできます。 Gravio Cloudには、エッジネットワーク間での展開を容易にするための設定、ユーザー情報、設定が含まれています。また、バックアップを保管することができます。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信