[設定]タブでは、Hubkit情報と通知、バックアップ・リストア、基本プロパティ設定、画像推論モデルのダウンロードとディスク管理の機能があります。

Hubkit情報

設定を行っているHubKitのHubKitID、バージョン番号ならびにIPアドレスの表示、通知用メールサーバの設定を行うことができます。

通知機能は、サーバーがソフトウェアやハードウェアのエラー、再起動、または誰かに通知する価値のあるインシデントに遭遇した場合、メール通知を送信できます。 このビューでは、サーバーがこれらの通知を送信する方法を構成できます。

バックアップ・リストア

デバイス設定をGravio Cloudアカウントにバックアップすることができます。 そこから、これらの設定をGravioアカウントのホームフォルダに戻すことができます。

基本プロパティ設定

アクションを実行する時の各コンポーネントで設定する下記の環境情報を基本プロパティとして一元管理して登録することができます。

AWSのAccess KeyとSecret Key、LineNotifyのToken、Mailのサーバ情報、SlackのToken、TwilioのAccountSidとToken

画像推論モデル

リストより推論ファイルをダウンロードして利用することが可能です。(Gravio Freeのサービス購入者は1つのみ)

ディスク管理

ディスク使用料の表示とメンテナンス設定で、ディスクにメディアならびにログの保存期間と処理実行開始時間の登録をすることができます。

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました