Gravioはソフトウェアセンサーもサポートしています。ソフトウェアセンサーの例は、部屋にいる人の数を検出し、特定のしきい値に達すると特定のアクションをトリガーするカメラです。これらのセンサーは、ソフトウェアおよび人工知能(推論ファイル)を使用して作成されます。

ソフトウェアセンサーの作成

  1. 「デバイス」で、USBカメラまたはGravio Serverのマシンに内蔵されているカメラを参照して、内蔵のカメラを選択して新しいエリアとレイヤーを追加します。

     
  2. プラス記号をクリックし、カメラをデバイスに追加します。

     
  3. 新しく追加されたカメラデバイスをダブルクリックし、プロパティを設定します

     
  4. 以下の設定をプロパティーとして設定できます。

     
    • カメラの種類のビデオまたは画像を選択します。画像の場合はjpeg形式となります。ビデオの場合はWindowsならavi形式、Windows以外はmp4形式となります。
    • 撮影する頻度(秒)
    • あなたが使用したい推論ファイル、例えば “NumberOfPeople”
    • 画像を保存するか、処理した直後に破棄することができます。画像を保存する場合、Linuxなら /var/opt/gravio/mediadata/に、Windowsなら C:\ProgramData\Gravio\mediadataに、Mac OS Xなら /Library/Application Support/Gravio/mediadata に保存されます。
  1. 最後にセンサー取得をONにします。

     

Gravio Freeアカウントのサービスを契約されている方は1つの推論ファイルを、Gravio Basicアカウント以上のサービスを契約されている方は、1つ以上の推論ファイルをGravio Cloudからダウンロードしてご利用いただけまます。

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました