このトピックにはありませんでした
他のトピックを検索して以下の内容を見つけました

RunScript

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » RunScript

RunScriptコンポーネントを使用すると、OS標準のスクリプトを実行することができます。 Gravio…

Gravioが利用するネットワークポート

補足 » Gravioが利用するネットワークポート

HubKitの各サーバーモジュールは以下のポートを利用しています。 Gravio Action Service – HTTP:29282 HTTPS:29443 Gravio Control Service – HTTP:29283 HTTPS:29444 Gravio Edge Service – HTTP:29284 HTTPS:29445 Gravio…

アクションを外部アプリから実行する

アクション構成ビュー » アクションを外部アプリから実行する

外部のアプリからアクションを実行することができます。以下のこれを行う方法を説明します。 準備 Gravioサーバーをインストールして起動してください。 Gravio…

アクション変数

アクション構成ビュー » アクション内で利用できる変数 » アクション変数

最初の変数カテゴリは「アクション変数」カテゴリです。 左矢印ボタンをクリックしてビューを展開すると、使用可能なアクション変数の概要が表示されます。 …

WriteUserDB

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » WriteUserDB

WriteUserDB Actionコンポーネントを使用すると、JSON形式のデータをHubKitのLiteDB NoSQLデータベース http://www.litedb.org/…

SensorDataDB

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » SensorDataDB

SensorDB(Deprecate)

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » SensorDB(Deprecate)

ReadCSV

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » ReadCSV

ReadCSV Actionコンポーネントは、CSVファイル内の値を処理するために、CSVファイルからすべてのデータを読み取ります。 まず、利用したいデータCSVファイルをアップロードします: …

HTTP Post

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント(ステップ) » HTTP Post

HTTPPostコンポーネントを使用すると、指定したURLへHTTPリクエストを送信することができます。 対応しているメソッドは、 GET 、 POST 、 PUT 、 DELETE です。”HTTP…

Gravioエッジウェア構成

はじめに » Gravioエッジウェア構成

Gravioは以下のアプリケーションモジュールで構成されています: Gravio Studio : HubKitを管理・設定するためのGUIツールです。 HubKit :…