WriteLocalFileアクションコンポーネントは、受け取ったデータからJSONファイルを書き込みます。

この例では、ReadCSVアクションコンポーネントに接続し、WriteLocalFileアクションコンポーネントが “In Fields“の受信フィールドを自動的に取得する方法を示します:

In Fieldsセクションを開き、 “Transpose“アイコンをクリックします。

これにより、ステップ結果のフィールドが自動的に入力されます。 sin @接頭辞は「ステップイン」の略です。

フィールドを設定したら、「プロパティ」に移動して、ファイルをローカルのHubKitに保存するファイル名を定義します。

ファイルはローカルディレクトリに保存されます:

このアクションコンポーネントの対応部分は、 ReadLocalFile コンポーネントです。

フィードバック

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました

このトピックへフィードバック

送信