WriteToExcel365コンポーネントは、データをExcel形式でOneDriveに出力することができます。
このコンポーネントを使用するには、Office365 for BusinessとOneDrive for Businessの契約と事前設定が必要です。

Office365 for BusinessとOneDrive for Businessの事前設定

Office365のアカウントをご準備いただき、Azure Portal にログインしてください。
契約者ページより「アプリの登録」を選択してアプリを作成してください。

アプリを作成してから詳細画面を開き、表示されるアプリケーションIDとディレクトリ(テナント)IDをメモします。
これらの値はOffice365のアカウントのメールアドレスとパスワードとあわせて、WriteToExcel365コンポーネントのプロパティに設定します。

左のメニューにある「認証」を選択して表示される「既定クライアントの種類」をパブリックとして扱うため「はい」を選択して保存します。

さらに、左のメニューにある「APIのアクセス許可」を選択して表示される「Microsoft Graph」の権限に「Files.ReadWrite.All」を追加して保存します。

これで事前準備は完了です。

コンポーネントプロパティ

File Name 出力するExcelのファイル名を指定
Sheet Name データを出力するシート名を指定
Write Mode ファイルを上書き(Replace)するか、データを追記(Append)するかを指定
ヘッダを出力する データを出力するときにヘッダも出力するかを選択
Column Mapping ステップ出力のカラムのうち、Excelのどの列に出力するかを指定します。複数指定可能です。(例: ステップ出力のStep_aをエクセルのA列、Step_cをエクセルのB列に出力する場合は「Step_a:A,Step_c:C」とステップ出力のフィールドとエクセルの列は”:“で指定して、複数指定する場合には”,“カンマで区切ります)
Client Id アプリケーションIDを指定
Tenant Id ディレクトリ(テナント)IDを指定
Instance (変更しません)
Scopes (変更しません)
Username or Email Office365 Businessのアカウントを指定
パスワード Office365 Businessのアカウントのパスワードを指定

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました