Box Uploadコンポーネントは、Boxにファイルをアップロードすることができます。
次のようなことができます。

Gravioで処理した結果データをBoxに転送する

・定期的にデバイスのデータをログデータとしてBoxにアップロードして保存
CSV、Excel形式、カメラから取得した画像データをBoxに転送にも対応しています。

・ボタンや人感などのセンサーをトリガーに画像を撮影して、画像データをBoxにアップロードして保存

Gravioで取得したRDBやCSVのデータをExcelなどに加工してBoxに転送する

・売上データやセンサーデータの定期報告用途でExcelファイルを作成して、社内で使用出来るようにBoxにアップロードして保存

出力ペイロード 説明
cv.Payload 前のコンポーネントの出力ペイロードをそのまま出力します。(パススルー)

コンポーネントプロパティ

プロパティー名 説明
入力 ペイロードまたはファイル名
ファイル名 「入力」プロパティ がファイル名の場合に送信するファイル名。パスはDataフォルダからの相対パスで指定します
指定方法 フォルダパスまたはフォルダID
Boxフォルダパス 「指定方法」 がフォルダパスの場合に保存するフォルダパス
フォルダID 「指定方法」 がフォルダIDの場合に保存するフォルダのID
Boxファイル名 「入力プロパティ」プロパティでファイル名を指定している場合で「Boxファイル名」プロパティを指定しない場合は元のファイル名で送信されます
タイムアウト HTTPリクエストのレスポンスタイムアウト値
OAuth2クライアント ID BoxからAPI 2.0のClient IDを指定します ※1
OAuth2クライアントシークレット BoxからClient Secretを指定します ※1
OAuth2リダイレクトURL BoxからRedirect URLを指定します ※1
OAuth2アクセストークン トークンを取得ボタンを押して取得します。またトークンを更新ボタンを押して更新することもできます ※1 ※2

※1 BoxでのOAuth2の設定例は こちら を参照してください

「Boxフォルダパス」プロパティを指定しない場合はすべてのファイル(ルート)が対象になります。

例)
“a/b/c“と指定した場合は、フォルダパスが存在するかを確認します。

コンポーネント変数

コンポーネント変数 説明
cv. FileID ファイルID
cv. FolderID フォルダID
cv. BoxFilename Boxの保存先ファイル名

OAuth2アクセストークンの取得方法

 
※2 OAuth2アクセストークンを取得するボタンを押すとOAuth 2.0 アクセストークンを取得 パネルが表示されます。ブラウザを開く ボタンを押してトークンを取得してください。トークンを取得すると 設定ボタンを押すとOAuth2アクセストークン プロパティに自動的に設定されます。


 
Gravio Studio for Windowsの場合も同様にブラウザを開く ボタンを押してトークンを取得しますが、エラー画面となります。この状態でURLをアドレスバーからコピーして、そのURLをパネルにペースとして取得ボタンを押してください。トークンが取得されますので 設定ボタンを押すとOAuth2アクセストークン プロパティに自動的に設定されます。
 

 
ブラウザを開くボタンを押すと自動的にブラウザで認証が行われます。必要がありましたらログイン処理など画面の指示に合わせて操作してください。
 
 

 
認証が完了すると「このページに到達できません」とエラーが表示されるので、この時にURLをアドレスバーからコピーしてください。
 
 

 
コピーしたURLをパネルにペーストして取得ボタンを押すとOAuth2アクセストークンが“取得済み“となります。設定ボタンを押してパネルを閉じます。
 

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました