・デバイスとアクションを設定し、デバイストリガーを作成します。

デバイストリガーを作成するには、右上の「+」記号をクリックします。
  


  
以下のダイアログが表示されます:
  
トリガー名で名前を入力して、登録したデバイスのエリアを選択してください。
  

  
・時間タブでは使用するカレンダーを選択します。カレンダーはCoordinatorを使用している場合に選択可能となります。
・有効時間を指定するにチェックを入れて開始と終了の時間を指定すると、その時間内だけこのトリガー条件は有効となります。
・間隔はトリガー条件を監視する間隔を指定します。
 
デバイストリガーは設定した条件に合致したデータが届いたときに動作しますが、間隔を指定することで前回の実行時刻よりこの間隔だけ経たないと次の実行が行われないように設定することができます。
例えば、デバイスからデータが2秒に一度届くが、トリガーは10秒ごとに実行したい場合、間隔は9000ms(10秒の10%ほど低い値)を指定します。

このように設定することで2秒毎の受信データは以下のようなタイミングでトリガーが実行されます。

受信データ1(トリガー実行)、受信データ2、受信データ3、受信データ4、受信データ5、受信データ6(トリガー実行)、受信データ7

 
・閾値によるトリガーを利用するが選択されている場合は受信データが設定された閾値を超えた場合にのみ再実行されます。 

このパラメータは、常にデータを送信するセンサー(温度センサー、ドア・窓開閉センサー、ワイヤレススイッチなど)に対応するために導入されました。

例1: 温度センサーで閾値によるトリガーに設定がオンの場合でトリガーが >20° に設定されている場合、センサーが20°以上のデータを送信してトリガーが実行された後は一度20°を下回り再度20°以上にならないと実行はされません。閾値によるトリガーに設定がオフの場合は、センサーが20°以上のデータを送信するとトリガーは常に実行されます。
21°, 22°, 18°, 23°とセンサーがデータを送信した場合、閾値によるトリガーが設定されている場合は21°, 23°で実行されますが、 設定されていない場合は21°, 22°, 23°で実行されます。

例2: ドア・窓開閉センサーで閾値によるトリガーに設定がオンの場合でトリガーが =close に設定されている場合、センサーがcloseのデータを送信してトリガーが実行された後は一度openにならないと実行はされません。閾値によるトリガーに設定がオフの場合は、センサーがcloseデータを送信するとトリガーは常に実行されます。
close, close. open, closeとセンサーがデータを送信した場合、閾値によるトリガーが設定されている場合はclose, closeで実行されますが、 設定されていない場合はclose, close. closeで実行されます。

例3: ワイヤレススイッチで閾値によるトリガーに設定がオンの場合でトリガーが = click に設定されている場合、センサーがclickのデータを送信してトリガーが実行された後は一度click以外のデータにならないと実行はされません。閾値によるトリガーに設定がオフの場合は、センサーがclickデータを送信するとトリガーは常に実行されます。
click, click. double click, clickとセンサーがデータを送信した場合、閾値によるトリガーが設定されている場合はclick, clickで実行されますが、 設定されていない場合はclick, click. clickで実行されます。

 
・実行中ならスキップするを選択すると、トリガーの実行中に新しくトリガー条件が一致した場合は新しいトリガーは実行されません。
  


  
条件タブではキーレイヤー/レイヤーとデバイスIDを選択します。センサーのタイプに応じて、ダイアログボックスの下部にさまざまなオプションが表示されます。
 
キーレイヤーに加えて複数(最大4つまで)のレイヤーの条件を入力する場合には、AndかOrを指定します。
Andを指定して場合は「 キーレイヤーの条件 And (レイヤーの条件 And レイヤーの条件 And …)」となり、Orを指定して場合は 「キーレイヤーの条件 And (レイヤーの条件 Or レイヤーの条件 Or …)」となります。キーレイヤーの条件は必ずAndとなります。
 
キーレイヤーとは、必ず指定するレイヤーの条件となります。トリガー条件を満たしアクションが実行されるのは、このキーレイヤーのデータを受信し、かつトリガー条件を満たしている場合となります。


例1: キーレイヤーにドア・窓開閉センサーの条件が close と設定されている場合
1. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
2. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信 << ここでトリガーが実行されます
3. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
4. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信 << ここでトリガーが実行されます

例2: キーレイヤーにドア・窓開閉センサーの条件が close と設定されており、レイヤーに温度センサーの条件が 20°以上と設定していた場合
(閾値によるトリガーを利用するを選択している場合)
1. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
2. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信(トリガーは実行されません)
3. 温度センサーのデータ 20.0° を受信
4. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
5. 温度センサーのデータ 19.8° を受信
6. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信 (トリガーは実行されません)
7. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
8. 温度センサーのデータ 20.1° を受信
9. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信 << ここでトリガーが実行されます
10. 温度センサーのデータ 20.2° を受信

例3: キーレイヤーにドア・窓開閉センサーの条件が close と設定されており、レイヤーに温度センサーの条件が 20°以上と設定していた場合
(閾値によるトリガーを利用するを選択していない場合)
1. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
2. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信(トリガーは実行されません)
3. 温度センサーのデータ 20.0° を受信
4. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
5. 温度センサーのデータ 20.1° を受信
6. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信 << ここでトリガーが実行されます
7. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
8. 温度センサーのデータ 20.2° を受信
9. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信 << ここでトリガーが実行されます
10. 温度センサーのデータ 20.1° を受信

例4: キーレイヤーにドア・窓開閉センサーの条件が close と設定されており、レイヤーに温度センサーの条件が 20°以上と設定、レイヤーに湿度センサーの条件が 30%以上と設定していた場合
(Andを選択している場合)
1. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
2. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信(トリガーは実行されません)
3. 温度センサーのデータ 20.0° を受信
4. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
5. 温度センサーのデータ 20.1° を受信
6. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信(トリガーは実行されません)
7. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
8. 湿度センサーのデータ 35% を受信
9. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信 << ここでトリガーが実行されます
10. 温度センサーのデータ 20.1° を受信

例5: キーレイヤーにドア・窓開閉センサーの条件が close と設定されており、レイヤーに温度センサーの条件が 20°以上と設定、レイヤーに湿度センサーの条件が 30%以上と設定していた場合
(Orを選択している場合)
1. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
2. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信(トリガーは実行されません)
3. 温度センサーのデータ 20.0° を受信
4. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
5. 温度センサーのデータ 20.1° を受信
6. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信 << ここでトリガーが実行されます
7. ドア・窓開閉センサーのデータ open を受信
8. 湿度センサーのデータ 35% を受信
9. ドア・窓開閉センサーのデータ close を受信 << ここでトリガーが実行されます
10. 温度センサーのデータ 20.1° を受信

 

  • 数値の比較の条件式は 任意の値、 = 、 != 、 > 、 >= 、 < 、 <= 、 範囲 、 式
  • 文字列の比較の条件式は 任意の値、 = 、 != 、 次を含む 、 次を含まない 、 次で始まる 、 次で始まらない 、 次で終わる 、 次で終わらない 、正規表現 、 式
  • 比較する値を入力します。

式にはトリガー内で使用できる関数を使用することが出来ます。関数は こちら を参照してください。
  


  
アクションタブでは実行するアクションを選択します。
アクションの実行には引数としてトリガープロパティーを複数(最大5つまで)指定することも出来ます。
  
トリガープロパティーはあらかじめ定義されている下記の3つと任意のプロパティ名を設定することも出来ます。
  
tp.KeyAreaName : 選択されたエリア名が設定されます。
tp.KeyLayerName : 条件で指定した最初のキーレイヤー名が設定されます。
tp.TriggerName : 実行されるトリガー名が設定されます。
  
上記3つ以外に任意のプロパティー名と値を指定することで、その値もアクションないで参照することが出来ます。
  
  
スイッチを緑色に切り替えることによって、新しいトリガーを有効にすることを忘れないでください。

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました