このトピックにはありませんでした
他のトピックを検索して以下の内容を見つけました

Gravio Hub (Gravio Hub 2)

Gravio Hub (Gravio Hub 2)

Gravio Standard 以上のサービスメニューをご契約の方は、Gravio Hubをレンタルすることが可能です。 Gravio Hub 2はGravio Hub version 1の後継機です。以後「Gravio Hub」という用語は「Gravio Hub 2」を指します。 …

Gravio Hub (Gravio Hub version 1)

Gravio Hub (Gravio Hub version 1)

Gravio Standard 以上のサービスメニューをご契約の方は、Gravio Hubをレンタルすることが可能です。 Gravio Hub version 1は四角い筐体の機種です。 Gravio Hub version 1をお使いの方はGravio Hub…

Gravio Hub運用

Gravio Hub運用

Gravio Hub(Gravio Hub version 1)の初期設定

Gravio Hub (Gravio Hub version 1) » Gravio Hub(Gravio Hub version 1)の初期設定

ここでは、Gravio Hubの初期設定に関して説明していきます。 Gravio Hubを利用するために、必要なことは以下の2点です。 Gravio Hubをネットワークに接続するために WiFiネットワークの設定…

Gravio Hubの運用

Gravio Hub運用 » Gravio Hubの運用

Gravio Hubの運用にあたっては以下のことを考慮して運用設定してください。 処理性能 Gravio Hubでソフトセンサとしてレイヤーに推論を選択した場合は、1台のGravio…

Gravio Hub から Gravio Hub 2への移行ガイド

Gravio Hub (Gravio Hub 2) » Gravio Hub から Gravio Hub 2への移行ガイド

Gravio Hub(以下、Hub1)をご使用のお客様がGravio Hub…

Gravio Hub, Gravio Zigbee レシーバーに関して

補足 » Gravio Hub, Gravio Zigbee レシーバーに関して

Gravio Hub、Gravio Zigbee レシーバーに接続できるデバイスは最大64個になります。

Gravio Hub (Gravio Hub version 1)のインジケーターランプの状態とボタン操作

Gravio Hub (Gravio Hub version 1) » Gravio Hub (Gravio Hub version 1)のインジケーターランプの状態とボタン操作

インジケーターランプの状態 Gravio HubのGravioロゴは、さまざまな色やパターンで点灯し、下記の内容を確認することが出来ます。 LED 状態 コメント 青色点灯 …

Gravio Hubの停止方法

Gravio Hub (Gravio Hub 2) » Gravio Hubの停止方法

ボタンを押し続けるとGravio Hub 2は電源を停止します。LEDは赤LED点灯になります。

Gravio Hubの停止方法

Gravio Hub (Gravio Hub version 1) » Gravio Hubの停止方法

Gravio Hub (version 1)での停止方法 Gravio…

Gravio Distance

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Gravio Distance

Gravio Distanceコンポーネントは、Gravio Distanceから距離を測定した値を取得できます。 このコンポーネントを利用するにはあらかじめGravio…

Gravio Light

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Gravio Light

Gravio Lightコンポーネントは、Gravio LightのOn/Offならびに色と明るさの変更ができます。 このコンポーネントを利用するにはあらかじめGravio…

Gravio Matrix

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Gravio Matrix

Gravio Matrixコンポーネントは、Gravio Matrixに文字または画像を設定できます。 このコンポーネントを利用するにはあらかじめGravio…

Gravio Hub 2の初期設定

Gravio Hub (Gravio Hub 2) » Gravio Hub 2の初期設定

Gravio Hub 2の初期設定に関して説明していきます。 Gravio Hub 2を利用するために、必要なことは以下の2点です。 Gravio Hub 2をネットワークに接続するために WiFiネットワークの設定 を行います。 Gravio…

Gravioとは

はじめに » Gravioとは

GravioはIoTデバイスを接続するプラットフォームです。…

Hubリストビュー

Hubリストビュー

GravioのHubリストビューでは、接続されているすべてのGravio HubKit サーバの概要を確認できます。 Hubの設定方法については、インストールとセットアップ…

Gravio設定

Gravio Hub運用 » Gravio設定

Gravio Hubにブラウザを使用してUpdate Managerを開きます。 ブラウザで、前章で設定した「<Hostname>.local:8080」と入力します。     ログインすると Gravio Hub設定…

Gravio 構成

はじめに » Gravio 構成

Gravioは以下のアプリケーションモジュールで構成されています: Gravio Studio : Hubを管理・設定するためのGUIツールです。 Hub :…

Gravio App Service API

Gravio App Service API

Gravio Hub 2のインジケーターランプの状態とボタン操作

Gravio Hub (Gravio Hub 2) » Gravio Hub 2のインジケーターランプの状態とボタン操作

インジケーターランプの状態 Gravio Hub 2の側面にあるLEDは、さまざまな色やパターンで点灯し、下記の内容を確認することが出来ます。 LED 状態 コメント 青色点灯 …

Hub構成ビュー

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー

1つのHubをダブルクリックすると、Hub構成ビューが表示されます。 下部には5つのタブを含むタブバーがあります。 #デバイス –…

Gravio Coordinatorを使う(Gravio Enterpriseサービス契約のみ)

より深くGravioを利用するための情報 » Gravio Coordinatorを使う(Gravio Enterpriseサービス契約のみ)

Gravio は HubKit または Gravio Hub 自体が動作するコンピュータ(Mac, Windows, Linux)を管理サーバで管理したい場合は、Gravio コーディネーターを使うことができます。( Gravio Enterpriseサービス契約のみ) Gravio…

UpdateManagerを使ってLAN内にGravio Hubを設置する

Gravio Hub (Gravio Hub 2) » UpdateManagerを使ってLAN内にGravio Hubを設置する

Gravio HubのRootパスワード、Hostname, WiFiを設定   Gravio Hubを電源につなげて起動します。 Gravio…

Gravio StudioからHubへのアクセス制限をかけたい場合

補足 » Gravio StudioからHubへのアクセス制限をかけたい場合

HubにアクセスするGravio Studioを制限する HubにアクセスするGravio Studioを制限するには、Hubに使用するGravio Studioのクライアント証明書をインストールします。 *この機能はGravio Basic, Gravio Standard, Gravio…

Gravio 4.5でのライセンス管理

はじめに » Gravio 4.5でのライセンス管理

Gravio 4.5からStandard契約以上のお客様ではライセンス管理機能が追加されました。 Gravio 4.5以上をご使用の場合には下記の手順でライセンスの登録を行ってください。 ※画面上ではサンプルとしてGravio…

Gravioが利用するネットワークポート

補足 » Gravioが利用するネットワークポート

HubKitの各サーバーモジュールは以下のポートを利用しています。 プロセス名 プロトコル ポート Gravio Control Manager HTTPS 29442 HubKitとGravio…

Gravio Studio 4 for Windowsのサイドローディングインストール

補足 » Gravio Studio 4 for Windowsのサイドローディングインストール

Gravio Studio 4 for Windowsのサイドローディングの手順 サイドローディングとは、アプリをStoreからではなくインストーラからWindowsにインストールする方法です。 1.…

Gravio CO2 デバイスについて

補足 » Gravio CO2 デバイスについて

Gravio…

より深くGravioを利用するための情報

より深くGravioを利用するための情報

Update Managerの自動更新

補足 » Update Managerの自動更新

Gravio HubにインストールされているUpdate Manager、Linux版、ARM64版(Rapsberry)のUpdateManagerは毎日AM02:00に自動更新設定がされており、更新作業は必要ありません。またGravio HubにインストールされているUpdate…

Windows 10のセットアップ

はじめに » インストールとセットアップ » Windows 10のセットアップ

Windows 10を利用してGravioを使う Gravioの利用には、2つのソフトウェアのインストールが必要です。 Gravio Studio 4 for WindowsとHubKitの2つです。 Gravio Studio 4 for WindowsとHubKitのインストール Gravio Studioを…

macOSのセットアップ

はじめに » インストールとセットアップ » macOSのセットアップ

Macを利用してGravioを使う Gravio利用には、2つのソフトウェアのインストールが必要です。 Gravio Studio 4 for MacとHubKitの2つです。 Gravio Studio 4 for MacとHubKitのインストール Gravio Studioを App…

HubKitのデータディレクトリ

補足 » HubKitのデータディレクトリ

Zigbee firmware のアップデート方法

補足 » Zigbee firmware のアップデート方法

Zigbeeドングルのファームウェアアップデート方法に示します。 1. Macを使用する場合 Gravio…

設定タブ

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » 設定タブ

[設定]タブでは、HubKit情報と通知、バックアップ・リストア、基本プロパティ設定、画像推論モデルのダウンロードとディスク管理の機能があります。 HubKit情報 設定を行っているHubのHub…

Exec

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Exec

正規表現

アクション構成ビュー » 関数解説 » 正規表現

以下の関数が利用できます。 関数名 引数 説明 例 RegExpMatch RegexMatch(re, s) 正規表現reとsがマッチするかBoolで返す RegexMatch("G.*o", "Gravio HubKit") -> true RegExpFind …

一般的な課題

トラブルシューティング » 一般的な課題

症状 説明 対処法 コメント Gravio Studioが期待どおりに動作しない HubKitの接続が不安定であるか、HubKitが動作していません Gravio…

HubKitの設定

補足 » HubKitの設定

HubKitの設定方法を示します。 1. Macを使用する場合 macOSの上段のメニューバーのHubKitアイコンから「設定」メニューを選択します。 1. サービス …

ファイルパスの記述方法

補足 » ファイルパスの記述方法

はじめに

はじめに

Gravioへようこそ! GravioはIoTデバイスを接続するプラットフォームです。…

トラブルシューティング

トラブルシューティング

このセクションでは、Gravioでのプログラミングなどの開発時に発生しやす問題を列挙して、修正する方法について説明します。

物理センサー

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー

レイヤーにデバイスを追加する Gravioには様々なセンサーを接続できますが、物理センサーとして、Gravio Basic購入者には 無償デバイスレンタル…

ソフトウェアセンサー

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » ソフトウェアセンサー

HubKitにルートCA証明書をインストールする方法

補足 » HubKitにルートCA証明書をインストールする方法

Windows 10 エクスプローラから証明書ファイルをダブルクリックします。 証明書ウィンドウで、[証明書のインストール]をクリックします。 …

Linux / Raspberry PiのHubKit 4.2 から4.3へのアップデート手順

はじめに » インストールとセットアップ » Linux / Raspberry PiのHubKit 4.2 から4.3へのアップデート手順

HubKitやCoordinatorのソフトウェアがバージョンアップした際に、それらのソフトウェアの新しいバージョンを入れる手順は以下のようにしてください。 ※このドキュメントはHubKit 4.2のバージョンを…

推論モデル

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » ソフトウェアセンサー » 推論モデル

バーコードリーダーの追加

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー » バーコードリーダーの追加

Gravio Studioを使ってバーコードリーダーとレイヤーを紐づけます Gravioではバーコードリーダー(USB COM ポートエミュレーション機能が利用できるバーコードリーダー)…

物理デバイスリスト

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理デバイスリスト

Gravioに接続した物理デバイスの一覧を表示します。CSVでの一覧のダウンロードも可能です。    以下のボタンを押して、物理デバイス一覧画面を表示します。       …

カメラ画像の保存先

補足 » カメラ画像の保存先

ONVIFなどでカメラから取得した画像は以下のディレクトリにカメラデバイス別にディレクトリが作成され、日付ディレクトリごとに保存されます。 …

デバイスタブ

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ

gmailでのメール送信設定方法

補足 » gmailでのメール送信設定方法

gmailのメールアドレスを使用してメール送信する場合の設定例 項目 説明 メールサーバー smtp.gmail.com ポート番号 587 送信メールアドレス …

ログビューア

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » ログビューア

[ログビューア]タブでは、Gravioが生成するログファイルにアクセスできます。 主にデバッグに使用されます。 ログには以下が含まれます:       Actmgr –…

Zigbee対応デバイスの追加

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー » Zigbee対応デバイスの追加

Gravio Studioを使ってZigbee対応デバイスのセンサーレシーバーとレイヤーを紐づけます 「デバイス」で、使用するZigbeeセンサーの種類(DataKind)を選択して新しいエリアとレイヤーを追加します。    …

ファイルビューア機能

アクション構成ビュー » ファイルビューア機能

Gorilla IVAR

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » Gorilla IVAR

Gorilla IVARと連携しIVARで認識したデータを受信します。    IVARの作成    1. 「デバイス」で、IVARの種類(DataKind)を選択して新しいエリアとレイヤーを追加します。 IVAR…

AWS IoT MQTTの設定方法

補足 » AWS IoT MQTTの設定方法

AWS IoT MQTTシステムにメッセージを公開する方法の例を次に示します。   証明書の作成とダウンロード AWS…

Amazon Polly Speech

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Amazon Polly Speech

Amazon Pollyは入力テキストをスピーチに変換して音声として再生します。 Amazon…

MQTTサブスクライバー

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » MQTTサブスクライバー

GravioはMQTTサブスクライバーもサポートしています。MQTTブローカーを使用してMQTTパブリッシャーが送信するメッセージをトピックを指定して受信します。    MQTTサブスクライバーの作成    1.…

EnOcean対応デバイスの追加

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー » EnOcean対応デバイスの追加

Gravio Studioを使ってEnOcean対応デバイスのセンサーレシーバーとレイヤーを紐づけます 「デバイス」で、使用するEnOceanセンサーの種類(DataKind)を選択して新しいエリアとレイヤーを追加します。    …

Bluetooth対応デバイスの追加

はじめに » Gravioとは » Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー » Bluetooth対応デバイスの追加

Gravio Studioを使ってBluetooth対応デバイスのセンサーレシーバーとレイヤーを紐づけます 1.…

Philips Hue

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Philips Hue

このコンポーネントでは、特定のPhilips Hueライトの設定を変更できます。色と不透明度を指定し、ブリッジのIPアドレス、ユーザーID、ライトIDを設定する必要があります。 IPアドレスは…

Mail Send

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Mail Send

Mail Sendコンポーネントは、電子メールを送信します。 Mail…

GCS Upload

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » GCS Upload

GCS Uploadコンポーネントは、データをGoogle Cloud Storageにファイルとして送信することができます。 このコンポーネントを使用するには、Google Cloudの契約と事前設定が必要です。 ※Google Cloud…

LINE WORKSのBot 登録方法

補足 » LINE WORKSのBot 登録方法

LINE WORKSコンポーネントを使用するためにLINE WORKSの管理者はBotの初期設定を行ってください。 LINE WORKS Developers 1. LINE WORKS Developers アカウントの作成 こちら からアカウントを作成して LINE…

Sensor Data DB

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Sensor Data DB

Sensor Data DB If Zero

アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Sensor Data DB If Zero

物体認識の機械学習モデル作成手順

より深くGravioを利用するための情報 » 物体認識の機械学習モデル作成手順

ここでは、物体認識の機械学習モデル (darknet YOLO v2形式)で作成し、TensorFlowで利用する形式に変換するやり方での作成方法を、以下の手順で説明します。 (Gravio HubKit Version 4.0…