Gravio Distanceコンポーネントは、Gravio Distanceから距離を測定した値を取得できます。
このコンポーネントを利用するにはあらかじめGravio Distanceをペアリングしておく必要があります。

デバイスIDのプロパティが空の場合は、全ての接続しているGravio Distanceにコマンドを送ります。


 
出力ペイロード 説明
cv.Payload 測定した距離を配列で出力します

コンポーネントプロパティ

プロパティ名 説明
デバイスID 距離を測定するデバイスID, 何も設定されていないときは全てのGravio Distanceに対して距離の測定を実行します。Gravio Distanceを複数使用する場合は、デバイスIDをカンマ区切りで記述することができます

実行エラー

エラーコード エラー 説明 対策
ERR—10 low power 電流不足 電源とセンサー間のUSBケーブルが正しく接続されていることを確認してください
ERR—14 calculation error 実行エラー もう一度実行してください
ERR—15 weak signal 弱い信号 デバイスを動かさないようにして、障害物を取り除いてください
ERR—16 unstable laser transition レーザーが不安定 デバイスとターゲットオブジェクトを静止させてください
ERR—18 ambient light too strong 周囲光が強すぎる 周囲光を減らしてください
ERR—26 out of display range 表示範囲外 もう一度実行してください

レイヤーにバインドされているときに発生するエラーについて

デバイスのレイヤーにバインドして有効設定されているDistanceセンサーをGravio Distanceコンポーネントで指定して使用する場合に下記のエラーが発生します。

レイヤーにバインドして有効設定されたDistanceセンサーは5秒ごとに距離データを送信する設定となり、その送信時にGravio Distanceコンポーネントが実行されると処理が衝突するためです。

レイヤーにバインドして有効設定されたDistanceセンサーはGravio Distanceコンポーネントでは使用できませんので、どちらかの処理でのみ使用してください。

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました