HTTP Requestコンポーネントを使用すると、指定したURLへHTTPリクエストを送信することができます。

HTTP Requestコンポーネントは入力ペイロード(cv.Payload)をプロパティに応じてHTTPリクエストのBodyコンテンツとしてHTTPリクエストを実行し、そのHTTPレスポンスのBodyを出力ペイロード(cv.Payload)に書き出します。

Content-TypeプロパティによるHTTPリクエスト時のBodyの内容

Content-Typeプロパティ HTTPリクエスト時のBodyの内容
なし 入力ペイロードはBodyに設定されずにHTTPリクエストを実行します。
デフォルト 入力ペイロードの型に応じてContent-Typeを自動で選びます。
文字列型 「text/plain; charset=utf-8」でPayloadを文字列としてHTTPリクエストを実行します。
JSON配列、JSONオブジェクト 「application/json」として、Payloadをマーシャリングしたバイト列でHTTPリクエストを実行します。
バイト列 「application/octet-stream」にしてPayloadを文字列に変換したものをBodyとしてHTTPリクエストを実行します。
その他 「text/plain」にして文字列に変換したものをBodyとしてHTTPリクエストを実行します。
application/x-www-form-urlencoded 入力ペイロードはJSONオブジェクト型として、キーと値を「=」ではさみ、それぞれを&で区切った形でBodyにした上で、HTTPリクエストを実行します。(この場合で、JSON Object型以外のデータが入力としてきた場合はエラーとなります。)
multipart/form-data 入力ペイロードはJSON Object型として、キーと値をマルチパートで区切り、Content-Typeのmultipart/form-dataはバウンダリを自動的に付加してHTTPリクエストを実行します。(この場合、JSON Object型以外のデータが入力としてきた場合はエラーとなります。)
それ以外の任意に入力されたContent-Type 入力されたContent-Typeで入力ペイロードをバイト列にしたものをBodyとして出力します。

HeadersプロパティによるHTTPヘッダーの上書きと追加

Headersプロパティ 説明
cp.Headers リクエストのヘッダー

入力と出力のペイロード

入力ペイロード 説明
cv.Payload HTTPリクエストのBody
出力ペイロード 説明
cv.Payload HTTPレスポンスのBodyをバイト列のまま格納します。

コンポーネントプロパティ

プロパティー名 説明
HTTPメソッド GET,POST,HEAD,PUT,DELETE
URL HTTPリクエストを送信するURL
Content-Type HTTPヘッダのContent-Type
認証方式 なし, ベーシック認証, ベーシック/ダイジェスト認証, Bearer認証. cp.Authorizationの値で指定する場合は、 "(none)" , "prebasic" , "basicdigest" , "bearer" のいずれか
ユーザ名 ベーシック認証ユーザ名
パスワード ベーシック認証パスワード
トークン Bearerトークン
リトライ回数 サーバとのコネクションが確立できないエラー、HTTPレスポンスが受信できないエラー、HTTPレスポンスが500以上、408と429の場合にリトライをする回数
リトライ間隔 リトライする場合の次にリトライするまでの間隔値
タイムアウト HTTPリクエストのレスポンスタイムアウト値
プロキシURL Proxy利用時のURL
プロキシユーザ名 Proxy利用時のユーザ名
プロキシパスワード Proxy利用時のパスワード
リクエスト/レスポンスダンプ なし, Bodyなし, Bodyあり

コンポーネント変数

コンポーネント変数 説明
cv.Payload レスポンスのbody
cv.StatusCode リクエスト結果
cv.Headers レスポンスのヘッダー
cv.ContentLength レスポンスの長さ

コンポーネントのテスト

テストエンドポイントを作成し、HTTPリクエストを送信するには、requestbin.comという無料のサービスをお勧めします。 このサービスのライブダッシュボードでは、受信リクエストを確認できます。 (上記のリンクはパブリックrequestbinを作成することに注意してください。プライベートrequestbinの場合、アカウントが必要になります)。

 

ヘッダーの上書きと追加

HTTPリクエスト Header 情報を PreMappingJSON 形式で上書きと追加ができます。:

cp.Headers = {"X-Header-1": "abc; def", "X-Header-2": ap.Timeout/1000, "X-Header-3": true, "X-Header-4": cp.URL, "Accept": "application/json", "User-Agent": "fugahoge browser"}

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました