LINE WORKSコンポーネントは、LINE WORKSを使用してコンポーネントのプロパティに指定されたメッセージをポストすることができます。 センサーからの情報を人に通知したりすると便利です。

※LINE WORKSコンポーネントを使用するには、管理者が初期設定としてLINE WORKS Developer Consoleで設定し、Botを公開設定する必要があります。LINE WORKS Developer Consoleでの設定方法につきましては こちら を参照してください。
※LINE Notifyサービス ( https://notify-bot.line.me/ )を使用する場合には、LINE Notifyアクションコンポーネントを使用してください。

コンポーネントプロパティ

プロパティー名 説明
基本プロパティ 「LINE WORKS Bot Connection」カテゴリーの基本プロパティを指定します
メッセージ LINE WORKSに投稿するメッセージ文字列 例) "現在の気温は"+cv.Payload+"度です"
パッケージID メッセージと一緒にスタンプを送信します。スタンプIDと一緒に指定します ※1 例) 446
スタンプID メッセージと一緒にスタンプを送信します。パッケージIDと一緒に指定します ※1 例) 1988
イメージファイル メッセージと一緒に画像を送信します。JPEGまたはPNGファイルのファイルパスを指定します。 例) image.jpg
ファイル メッセージと一緒にファイルを送信します。拡張子が batcmdcomcplexescrjsvbswsfhta のものは送信できません
送信先種類 メッセージを送信する送信先をメンバーアカウントかトークルームIDを選択します
送信先ID 送信先種類で選択したメンバーアカウントかトークルームIDを指定します 例) メンバーアカウントの場合 aaaa@bbbb 、トークルームIDの場合 12345
タイムアウト APIのタイムアウト
API ID LINE WORKS Developer ConsoleからAPIのIDを指定します ※3
Consumer Key LINE WORKS Developer ConsoleからConsumer Keyを指定します ※3
Server Token LINE WORKS Developer ConsoleからServer List (固定IPタイプ)のTokenを指定します ※2 ※3
Server ID LINE WORKS Developer ConsoleからServer List (ID登録タイプ)のServer IDを指定します ※2 ※3
認証キー LINE WORKS Developer ConsoleからServer List (ID登録タイプ)の認証キーを指定します ※2 ※3
Bot No LINE WORKS Developer ConsoleからBot Noを指定します ※3

※1 LINEスタンプのパッケージIDとスタンプIDの指定方法は こちら を参照してください。
※2 Server TokenとServer ID、認証キーはServer List (固定IPタイプ)とServer List (ID登録タイプ)の設定した方を使用します。
※3 Developer Consoleから指定する項目は こちら を参照してください。

※ファイルパスを指定しないイメージファイル/ファイルの参照先はactmgr/dataとなりますが、ファイルパスを指定するファイル名の書き方は こちら を参照してください。

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました