HubKitやCoordinatorのソフトウェアがバージョンアップした際に、それらのソフトウェアの新しいバージョンを入れる手順は以下のようにしてください。
※このドキュメントはHubKit 4.2のバージョンを 4.3にアップデートするための手順です。4.2以前のバージョンを4.2にアップデートするには こちら を参照してください。

HubKit 4.3系とCoordinator 2.6系のアップデートインストール

該当のプラットフォームのサーバーを ダウンロードサイト からダウンロードしてください。

  • SSH を使用してUbuntu 18.04/20.04 LTSに接続します。
  • ダウンロードしたdebパッケージ(setup_XXXX.deb)をUbuntuに転送します。
  • 以下のCommandをConsoleから実行してください。
sudo apt update
sudo apt upgrade

 

・実行しているHubKitを停止します。
(ディレクトリは運用に合わせて任意に変更してください)

cd hubkit
sudo docker-compose down

 

・作成されているgravioユーザーディレクトリを削除します
(ディレクトリを削除する前に内容を確認してください)

sudo rm -rf /home/gravio/

 

・Update Manager, Coordinator, HubKitのインストール

sudo apt install -y ./setup_XXXX.deb

 

・Update Managerの起動確認

ブラウザを開いてUbuntu 18.04/20.04 LTSのIPアドレスのポート8080にアクセスします。

http://(ip address):8080/

 


 

Update ManagerがCoordinator, HubKitの処理化を行うとログイン画面が表示されます。
次のステップに進むのはログイン画面が出るまで待ってください。 
 

・実行している Coordinator, HubKitのデータを移行します
(新規インストールしたHubKit 4.3のディレクトリは念のためにhubkitrepo4_bakにバックアップしています)

cd /home/gravio
sudo mv hubkitrepo4 hubkitrepo4_bak 
sudo mv /home/(HubKit4.2をインストールしているユーザ名)/hubkit/hubkitrepo4 .
sudo chown -R gravio:gravio hubkitrepo4


 
これで設定は完了です。Ubuntuを再起動してください。
 

sudo reboot

 

・Update Managerへのログイン

Ubuntuを再起動後、ブラウザを開いてUbuntu 18.04/20.04 LTSのIPアドレスのポート8080にアクセスします。

http://(ip address):8080/

 
Update Managerの使用方法につきましては こちら を参照してください。

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました