Mail Sendコンポーネントは、電子メールを送信します。

Mail Sendコンポーネントは入力ペイロード(cv.Payload)をメール本文としてメールを送信するコンポーネントです。
入力ペイロードのデータはいずれの型も文字列に変換してメール本文として送信します。

メール送信後は、入力ペイロード(cv.Payload)をそのまま出力ペイロード(cv.Payload)として格納します(パススルー)

電子メールを送信するにはSMTP情報が必要です。
Mail本文に内容を差し込むには、cv.Payload変数に文字列をPre-Mappingで書き込むことで実現できます。

コンポーネント変数

コンポーネント変数 説明
cv.Payload Mailの本文にいれる内容をこの変数に設定する

コンポーネントプロパティ

プロパティー名 説明
宛先 送信先のメールアドレスを指定
Cc Ccのメールアドレスを指定
Bcc Bccのメールアドレスを指定
件名 メールの件名を指定
差出人 送信元メールアドレスを指定
添付ファイル 添付ファイルを指定
メッセージはHTML メッセージ本文をHTMLとして送信
ホスト名 SMTPサーバホスト名
ポート番号 SMTPサーバのポート番号
ユーザ名 SMTPサーバへのログインユーザ名
パスワード SMTPサーバへのログインパスワード
  • gmailのメールアドレスを使用してメール送信する場合の設定例は こちら を参照してください
     

添付ファイル

添付ファイルは複数のファイルを指定することができます。

・添付するファイルのパス

Windows環境

ファイルはパスにはactmgr¥dataが自動的に保管されます。パスの指定も可能です。
※フォルダー名、ファイル名にスペースが含まれている場合には”“(ダブルクォート)で囲む必要があります。

例 )

actmgr¥data のimage.jpg を添付する場合は image.jpg を添付ファイルに指定します。
actmgr¥data¥subfolder のimage.jpg を添付する場合は subfolder¥image.jpg を添付ファイルに指定します。
actmgr¥data¥subfolder 2021 のimage.jpg を添付する場合は "subfolder 2021¥image.jpg" を添付ファイルに指定します。

 
絶対パスを指定することも可能です。

例 )

c:¥ のimage.jpg を添付する場合は c:¥image.jpg を添付ファイルに指定します。

 
ファイルは複数のファイル、ワイルドカードを指定することも可能です。
複数のファイルのセパレーターは”;”(セミコロン)を使用し、ワイルドカードは”*”(アスタリスク)を使用します。

例 )

actmgr¥data のimage.jpgとimage2.jpg を添付する場合は image.jpg;image2.jpg を添付ファイルに指定します。
actmgr¥data¥subfolder の*.jpg を添付する場合は subfolder¥*.jpg を添付ファイルに指定します。
actmgr¥data のimage.jpgとimage2.jpgとactmgr¥data¥subfolder の*.jpg を添付する場合は image.jpg;image2.jpg;subfolder¥*.jpg を添付ファイルに指定します。

 
Mac、Linux、RaspberryPI、Gravio Hub環境

ファイルはパスにはactmgr/dataが自動的に保管されます。パスの指定も可能です。
※フォルダー名、ファイル名にスペースが含まれている場合には”“(ダブルクォート)で囲む必要があります。

例 )

actmgr/data のimage.jpg を添付する場合は image.jpg を添付ファイルに指定します。
actmgr/data/subfolder のimage.jpg を添付する場合は subfolder/image.jpg を添付ファイルに指定します。
actmgr/data/subfolder 2021のimage.jpg を添付する場合は "subfolder 2021/image.jpg" を添付ファイルに指定します。

 
絶対パスを指定することも可能です。

例 )

/home/username のimage.jpg を添付する場合は /home/username/image.jpg を添付ファイルに指定します。

 
ファイルは複数のファイル、ワイルドカードを指定することも可能です。
複数のファイルのセパレーターは”;”(セミコロン)を使用し、ワイルドカードは”*”(アスタリスク)を使用します。

例 )

actmgr/data のimage.jpgとimage2.jpg を添付する場合は image.jpg;image2.jpg を添付ファイルに指定します。
actmgr/data¥subfolder の*.jpg を添付する場合は subfolder/*.jpg を添付ファイルに指定します。
actmgr/data のimage.jpgとimage2.jpgとactmgr/data/subfolder の*.jpg を添付する場合は image.jpg;image2.jpg;subfolder/*.jpg を添付ファイルに指定します。

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました