Gravioはソフトウェアセンサーもサポートしています。ソフトウェアセンサーの例は、部屋にいる人の数を検出し、特定のしきい値に達すると特定のアクションをトリガーするカメラです。これらのセンサーは、ソフトウェアおよび人工知能(推論ファイル)を使用して作成されます。

ソフトウェアセンサーの作成

  1. 「デバイス」で、ONVIFのカメラのセンサーの種類(DataKind)を選択して新しいエリアとレイヤーを追加します。
      

     
  2. 以下のボタンを押して、OnVifとして認識されているカメラの設定画面を表示します。
      

     
  3. 新しく追加されたカメラデバイスをクリックし、プロパティを設定します
      

       
  4. 以下の設定をプロパティーとして設定できます。
      

       
    ・カメラの種類のビデオまたは画像を選択します。画像の場合はjpeg形式となります。ビデオの場合はmp4形式となります。
    ・撮影する頻度(秒)
    ・あなたが使用したい推論ファイル、例えば “NumberOfPeople”
    ・画像を保存するか、処理した直後に破棄することができます。画像を保存する場合、Linuxなら /var/opt/hubkit/mediadata/に、Windowsなら C:\ProgramData\HubKit\mediadataに、Macなら /Library/Application Support/HubKit/mediadata に保存されます。
      
  5. +ボタンをクリックしてバインド設定画面を表示します。
      

      
  6. 設定したカメラをレイヤーにバインドにします。
      

      
  7. 最後にセンサー取得をONにします。
      

推論ファイルを使用する

Gravio Freeアカウントのサービスを契約されている方は1つの推論ファイルを、Gravio Basicアカウント以上のサービスを契約されている方は、1つ以上の推論ファイルをGravio Cloudからダウンロードしてご利用いただけまます。
  

  1. 設定画面の画像推論モデルを表示します。
      

      
  2. 推論するモデルを配置するボタンを押してダウンロードします。
      

      
  3. 推論ファイルを使用する場合にはレイヤーを作成するときにONVIF Cameraではなく推論ファイルを選択します。
      

      
  4. 設定した推論ファイルをレイヤーにバインドにします。
      

      
  5. 最後にセンサー取得をONにします。
      

推論ファイルを使用する時のパフォーマンスの目安

推論ファイルを使用する場合のハードウェア環境につきましては こちら を確認してください。

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました