デバイス/タイマートリガーではアクションを実行するときに引数としてトリガープロパティーとトリガー変数を渡すことができます。

トリガー変数

トリガー変数は tv. の変数で、センサーデータの受信によりイベントで駆動されたトリガーで tv. としてアクションに渡されます。

tv.Data : 受信したデータが設定されます。

トリガープロパティー

トリガープロパティー tp. はトリガー設定のダイアログで定義可能で、同一アクションを呼び出してもtp. の値による条件分岐を使用することで動作を変えることができます。

トリガープロパティーはあらかじめ定義されている下記の3つと任意のプロパティ名を設定することも出来ます。
  
tp.KeyAreaName : 選択されたエリア名が設定されます。
tp.KeyLayerName : 条件で指定した最初のキーレイヤー名が設定されます。
tp.TriggerName : 実行されるトリガー名が設定されます。
  

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました