このトピックにはありませんでした
他のトピックを検索して以下の内容を見つけました

Windows版

Gravio 4.xからのGravio 5.0へのアップグレード手順 » Windows版

HubKitのアップグレード 以下の手順でHubKitをアップグレードしてください。 アップグレードが正常に終了した場合には、バックアップしたデータは使用しません。 1. C:¥ProgramData¥HubKit…

Windows版のインストール

新規インストールとセットアップ » Windows版のインストールと初期設定 » Windows版のインストール

Windowsを利用してGravioを使う Gravioの利用には、2つのソフトウェアのインストールが必要です。 Gravio Studio for WindowsとHubKitの2つです。 Gravio Studio for WindowsとHubKitのインストール Gravio Studioを…

Gravio Studio for Windowsのサイドローディングインストール

補足 » Gravio Studio for Windowsのサイドローディングインストール

Gravio Studio for…

Windows版のインストールと初期設定

新規インストールとセットアップ » Windows版のインストールと初期設定

HubKit Windows版はNodeハブとして運用できます。 設定にはGravioコンフィグレーションマネージャーの画面でブラウザから行います。 初期設定 画面でGravioのライセンスを取得する このNodeハブを…

Zigbeeレシーバー(旧型)のドライバー登録(Windowsのみ)

Gravio Studioの利用 » Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー » Zigbeeレシーバー(旧型)のドライバー登録(Windowsのみ)

Zigbee対応USBレシーバー(旧型)のドライバーをインストール 新しいZigbee対応USBレシーバーを使用している場合は、 こちら…

ファイルパスの記述方法

補足 » ファイルパスの記述方法

HubKitにルートCA証明書をインストールする方法

補足 » HubKitにルートCA証明書をインストールする方法

Windows 10 エクスプローラから証明書ファイルをダブルクリックします。 証明書ウィンドウで、[証明書のインストール]をクリックします。 …

新規インストールとセットアップ

新規インストールとセットアップ

Gravioはサーバソフトウェアである 「Gravio HubKit」パッケージ と、このサーバソフトウェアを操作するためのクライアントアプリケーションとして、 「Gravio Studio」…

Gravioのバージョン番号の確認方法

補足 » Gravioのバージョン番号の確認方法

Gravioの各サービスのバージョン番号を確認する方法は以下のようになります。 1. Gravio Studio Gravio StudioはWindows版とMac版でそれぞれアプリを起動して確認します。 ・Windows版 Gravio Studioについて…

物理センサー

Gravio Studioの利用 » Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー

レイヤーにデバイスを追加する Gravioには様々なセンサーを接続できますが、物理センサーとして、Gravio Basic購入者には 無償デバイスレンタル…

Zigbee firmware のアップデート方法

補足 » Zigbee firmware のアップデート方法

Zigbeeドングルのファームウェアアップデート方法に示します。 1. Macを使用する場合 Gravio…

Gravio StudioからHubKitが見つからないまたは繋がらない

トラブルシューティング » Gravio StudioからHubKitが見つからないまたは繋がらない

Gravio StudioからHubKitが見つからない場合 Gravio Hubの場合 HubKitのIPアドレスをHubKitのコンソールでログインして、ifconfigを利用して無線の場合はwlan0のIP Addressを確認する Gravio…

Gravio Coordinatorを使う(Gravio Enterpriseサービス契約のみ)

より深くGravioを利用するための情報 » Gravio Coordinatorを使う(Gravio Enterpriseサービス契約のみ)

Gravio は HubKit または Gravio Hub 自体が動作するコンピュータ(Mac, Windows, Linux)を管理サーバで管理したい場合は、Gravio コーディネーターを使うことができます。( Gravio Enterpriseサービス契約のみ) Gravio…

Exec

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Exec

補足資料:LabelImg によるアノテーションデータ作成

より深くGravioを利用するための情報 » 補足資料:LabelImg によるアノテーションデータ作成

「2. 学習データの作成」の最後では、アノテーションデータ作成ツールLabelImgを紹介しました。このツールによる、アノテーションデータ作成は、以下の手順で行います。 1.…

ソフトウェアセンサー

Gravio Studioの利用 » Hub構成ビュー » デバイスタブ » ソフトウェアセンサー

File Write

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » File Write

File Writeコンポーネントは入力ペイロード(cv.Payload)に渡された内容をファイルに書き出します。 ファイルは以下のディレクトリに書き出されます。 Windows: C:\ProgramData\HubKit\action\actmgr\data\ Mac:…

ソフトウェアセンサーを利用する場合のハードウェア環境

補足 » ソフトウェアセンサーを利用する場合のハードウェア環境

推論ファイルを使用する時のパフォーマンスの目安 Intel…

Statistics

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Statistics

Statisticsコンポーネントは、指定された値で統計(最低値(Min)、最高値(Max)、平均(Mean/Average)、中央値(Median)、標準偏差(StandardDeviation)、合計(Sum)、最頻値(Mode))をコンポーネント変数に付加します。 …

Gorilla BAPのアンインストール

Gravio AI オプションの利用 » Gorilla BAPの設置 » Gorilla BAPのアンインストール

アンインストール   注)…

コンフィグレーションマネージャーの初期化方法

補足 » コンフィグレーションマネージャーの初期化方法

Sensor Data DB If Zero

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Sensor Data DB If Zero

Sensor Data DB

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Sensor Data DB

Pre Mappings / Post Mappingsでの式の記述の仕方

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » Pre Mappings / Post Mappingsでの式の記述の仕方

Action Editor画面でコンポーネントを選択した時に、右側にPre Mappings / Post Mappingsの編集エリアが表示されます。 「+」ボタンを押すと入力フィールドが表示されます。 …

一般的な課題

トラブルシューティング » 一般的な課題

症状 説明 対処法 コメント Gravio Studioが期待どおりに動作しない HubKitの接続が不安定であるか、HubKitが動作していません Gravio…

Gorilla IVAR

Gravio Studioの利用 » Hub構成ビュー » デバイスタブ » Gorilla IVAR

Gorilla IVARと連携しIVARで認識したデータを受信します。    IVARの作成    1. 「デバイス」で、IVARの種類(DataKind)を選択して新しいエリアとレイヤーを追加します。 IVAR…

Gorilla IVARのアップデート

Gravio AI オプションの利用 » Gorilla IVARの設置 » Gorilla IVARのアップデート

IVARを新規インストールする場合には こちら を参照してください。 アップデート手順 ダウンロードしたzipを展開してください。 展開するとIVARフォルダが出来ますので中を開いてください。   …

Filter

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » Filter

Filterコンポーネントは入力ペイロード(cv.Payload)の内容を次のコンポーネントに引き渡すデータをフィルタリングして出力ペイロード(cv.Payload)に出力するコンポーネントです。 …

設定例

Gravio Studioの利用 » Hub構成ビュー » トリガータブ » デバイストリガー » 設定例

OAuth2アクセストークンの取得方法

補足 » OAuth2アクセストークンの取得方法

OAuth2アクセストークンの取得方法   ※3 OAuth2アクセストークンを取得するボタンを押すとOAuth 2.0 アクセストークンを取得 パネルが表示されます。ブラウザを開く…

初期設定(Gravioコンフィグレーションマネージャー)

新規インストールとセットアップ » Windows版のインストールと初期設定 » 初期設定(Gravioコンフィグレーションマネージャー)

WindowsのタスクトレイからGravio Toolsを利用してGravioコンフィグレーションマネージャーの画面をブラウザで開きます。 アプリからGravioToolsを起動します。 …

JSONPath()の使用例

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » 関数解説 » 文字列 » JSONPath()の使用例

Gravio設定

新規インストールとセットアップ » Gravio Hub 2の運用方法の決定と設定手順 » その他の設定 » Gravio設定

Gravio Hubにブラウザを使用してコンフィグレーションマネージャーを開きます。   ブラウザで、前章で設定した「<Hostname>.local:8080」と入力します。     ログインすると Gravio Hub設定…

MQTTサブスクライバー

Gravio Studioの利用 » Hub構成ビュー » デバイスタブ » MQTTサブスクライバー

GravioはMQTTサブスクライバーもサポートしています。MQTTブローカーを使用してMQTTパブリッシャーが送信するメッセージをトピックを指定して受信します。    MQTTサブスクライバーの作成    1.…

Azure IoT Hub (MQTT)の設定方法

補足 » Azure IoT Hub (MQTT)の設定方法

Azure IoT Hub( MQTT)にメッセージを送信する方法の例を次に示します。 事前準備 証明書を作成するためにLinuxかMacを準備してください。 ツールのダウンロード Azure IoT Hubで証明書を使用するため…

macOS版

Gravio 4.xからのGravio 5.0へのアップグレード手順 » macOS版

HubKitのアップグレード 以下の手順でHubKitをアップグレードしてください。 アップグレードが正常に終了した場合には、バックアップしたデータは使用しません。 1. ツールバーに表示されているGravio…

Sprintfの使用方法

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » 関数解説 » 文字列 » Sprintfの使用方法

Sprintf 書式付の文字列を整形し文字列を返します。書式は%に続いて変換指定子とオプションでフラグ、幅、精度で指定できます。 変換指定子 説明 %b 整数2進数 %d …

Gorilla IVARの設置

Gravio AI オプションの利用 » Gorilla IVARの設置

事前に準備するもの ・IVARの運用アカウント Administrator のパスワード ・IVARのライセンスキー   インストールする環境 IVARをインストールするWindows10…

Gravioへの接続テスト – 顔認識

Gravio AI オプションの利用 » Gravioへの接続テスト – 顔認識

Gorilla と…

添付ファイルの指定方法

補足 » 添付ファイルの指定方法

Business, Business Proをご購入の方が利用する場合

Gravio Cloudの利用 » サーバ構築依頼 » Business, Business Proをご購入の方が利用する場合

ライセンスを取得 BusinessまたはBusiness Proのライセンスを以下の手順で取得してください。 Gravio…

EnOcean対応デバイスの追加

Gravio Studioの利用 » Hub構成ビュー » デバイスタブ » 物理センサー » EnOcean対応デバイスの追加

Gravio Studioを使ってEnOcean対応デバイスのセンサーレシーバーとレイヤーを紐づけます 「デバイス」で、使用するEnOceanセンサーの種類(DataKind)を選択して新しいエリアとレイヤーを追加します。    …

Gravio Freeの方が評価でサーバを利用する場合

Gravio Cloudの利用 » サーバ構築依頼 » Gravio Freeの方が評価でサーバを利用する場合

ライセンスを取得 Gravio Freeのライセンスを以下の手順で取得してください。 Gravio…

Gravio 構成と用語の解説

Gravio 構成と用語の解説

Gravioは バージョン 5 からAWS, Azure, GCPなどのクラウドサービス(以下「クラウド」と記述します。)にもGravioをインストールして運用できるようになりました。 Gravio…

ファイルビューア機能

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » ファイルビューア機能

LINE WORKSのBot 登録方法

補足 » LINE WORKSのBot 登録方法

LINE WORKSコンポーネントを使用するためにLINE WORKSの管理者はBotの初期設定を行ってください。 LINE WORKS Developers 1. LINE WORKS Developers アカウントの作成 こちら からアカウントを作成して LINE…

LINE WORKS

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » アクションコンポーネント解説 » LINE WORKS

LINE WORKSコンポーネントは、LINE WORKSを使用してコンポーネントのプロパティに指定されたメッセージをポストすることができます。…

HubKitの設定

補足 » HubKitの設定

HubKitの設定方法を示します。 1. Macを使用する場合 macOSの上段のメニューバーのHubKitアイコンから「設定」メニューを選択します。 1. サービス …

AWS IoT MQTTの設定方法

補足 » AWS IoT MQTTの設定方法

AWS IoT MQTTシステムにメッセージを公開する方法の例を次に示します。   証明書の作成とダウンロード AWS…

LINE WORKS(旧版)のBot 登録方法

補足 » LINE WORKS(旧版)のBot 登録方法

LINE WORKSコンポーネントを使用するためにLINE WORKSの管理者はBotの初期設定を行ってください。 LINE WORKS Developers 1. LINE WORKS Developers アカウントの作成 こちら からアカウントを作成して LINE…

Gorilla BAPの設置

Gravio AI オプションの利用 » Gorilla BAPの設置

事前に準備するもの ・BAPのアカウント Root, Administrator, Application ユーザのパスワード ・BAPのライセンスキー BAPをアップデートする場合には こちら…

Gravio Hub設定

新規インストールとセットアップ » Gravio Hub 2の運用方法の決定と設定手順 » Gravio Hub設定

  GravioコンフィグレーションマネージャーはHubKitに同梱されているWebアプリケーションです。 そのため、このシステムを安全に管理するために、…

算術系関数

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » 関数解説 » 算術系関数

以下の関数が利用できます。 関数名 引数 説明 例 Abs Abs(v) 絶対値を返します Acos Acos(v) 逆余弦を返します Acosh Acosh(v) …

文字列

Gravio Studioの利用 » アクション構成ビュー » 関数解説 » 文字列

以下の関数が利用できます。 関数名 引数 説明 例 Len Len(s) 文字列の長さ(バイト数)を返す。sが配列やObjectの場合は要素数を返す。 Len(“abc012漢字”) -> 11…