CSVWriteは入力ペイロードを入力としてCSVを生成します。
入力ペイロード(cv.Payload)はJSON配列の配列か、JSON Objectの配列での入力を受け付けます。それ以外の場合は文字列に変換して、1行、1カラムのCSVとして出力します。

入力ペイロード
JSON配列ペイロードの例 [[123, "abc", "xxx"], [456, "def", "yyy"], [789, "hij", "zzz"]]
JSON Objectのペイロードの例 [{"field1": 123, "field2":"abc", "field3":"xxx"}, {"field1": 456, "field2":"def", "field3":"yyy"}, {"field1": 789, "field2":"hij", "field3":"zzz"}]

「出力先」プロパティによって出力先をファイルかペイロードかを選択できます。

出力ペイロード 説明
「出力先」プロパティで「ファイル」を選んだ場合 生成したCSVをファイルに書き出し、出力ペイロードは入力ペイロードを渡します。(パススルー)
「出力先」プロパティで「ペイロード」を選んだ場合 生成したCSVのバイト列を出力ペイロードに入れます。

コンポーネントプロパティ

プロパティー名 説明
出力先 出力先を「ファイル」もしくは「ペイロード」のいずれかを指定. cp.Outputに設定される値は "Payload" , "File" のいずれか
ファイル名 ファイル出力の場合のファイル名を指定
出力フィールド順 入力ペイロードがJSON Objectの場合、出力するフィールド名を出力させたい順に,(カンマ)で区切り列挙します
エンコーディング ファイル出力のエンコーディングを指定

※ファイルパスを指定しないファイルの保存先はactmgr/dataとなりますが、ファイルパスを指定するファイル名の書き方は こちら を参照してください。

出力フィールド順の指定方法

JSON Objectのペイロードが下記の場合に、出力フィールド順に field3, field1 と指定すると下記の出力ペイロード(CSV)が出力されます。

・JSON Objectのペイロード

[{"field1": 123, "field2":"abc", "field3":"xxx"}, {"field1": 456, "field2":"def", "field3":"yyy"}, {"field1": 789, "field2":"hij", "field3":"zzz"}]

・出力ペイロード(CSV)

field3, field1
xxx,123
yyy,456
zzz,789

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました