WriteToExcel365コンポーネントは、データをExcel形式でMicrofost365に出力することができます。
このコンポーネントを使用するには、Microfost365 for Businessの契約と事前設定が必要です。

事前設定は こちら を参照してください。

入力ペイロード(cv.Payload)はJSON配列の配列か、JSON Objectの配列での入力を受け付けます。それ以外の場合は文字列に変換して、1行、1カラムのExcelファイルとして出力します。

入力ペイロード
JSON配列ペイロードの例 [[123, "abc", "xxx"], [456, "def", "yyy"], [789, "hij", "zzz"]]
JSON Objectのペイロードの例 [{"field1": 123, "field2":"abc", "field3":"xxx"}, {"field1": 456, "field2":"def", "field3":"yyy"}, {"field1": 789, "field2":"hij", "field3":"zzz"}]

コンポーネントプロパティ

ファイル名 出力するExcelのファイル名を指定
シート名 データを出力するシート名を指定
書込モード ファイルを上書き(Replace)するか、データを追記(Append)するかを指定. cp.WriteModeの値としては、 "Append" , "Overwrite" のいずれか
出力ヘッダー データを出力するときにヘッダも出力するかを選択
出力フィールド順 ステップ出力のカラムのうち、Excelのどの列に出力するかを指定します。複数指定可能です。(例: 出力ペイロードのaをエクセルのA列、cをエクセルのB列に出力する場合は「Payload.a:A,Payload.c:C」とステップ出力のフィールドとエクセルの列は ":" で指定して、複数指定する場合には "," カンマで区切ります)
スタート列 出力する最初の行を指定します。
認証方式 先進認証(OAuth2)または基本認証(パスワード)
公開アプリ 先進認証の場合、クライアントシークレットを使用する場合に指定
クライアント Id アプリケーションIDを指定
テナント Id ディレクトリ(テナント)IDを指定
インスタンス (変更しません)
ユーザー名 基本認証の場合、Microsoft365 Businessのアカウントを指定
パスワード 基本認証の場合、Microsoft365 Businessのアカウントのパスワードを指定
OAuth2クライアントシークレット 先進認証の場合、AzureからClient Secretを指定します
OAuth2リダイレクトURL 先進認証の場合、AzureからRedirect URLを指定します
OAuth2スコープ (変更しません)
OAuth2アクセストークン トークンを取得ボタンを押して取得します。またトークンを更新ボタンを押して更新することもできます

出力フィールド順の指定方法

JSON Objectのペイロードが下記の場合に、出力フィールド順に field3, field1 と指定するとExcelファイルが出力されます。

・JSON Objectのペイロード

[{"field1": 123, "field2":"abc", "field3":"xxx"}, {"field1": 456, "field2":"def", "field3":"yyy"}, {"field1": 789, "field2":"hij", "field3":"zzz"}]

・出力ペイロード(Excelファイル)

field3, field1
xxx,123
yyy,456
zzz,789

 

OAuth2アクセストークンの取得方法

 
※3 OAuth2アクセストークンを取得するボタンを押すとOAuth 2.0 アクセストークンを取得 パネルが表示されます。ブラウザを開く ボタンを押してトークンを取得してください。トークンを取得すると 設定ボタンを押すとOAuth2アクセストークン プロパティに自動的に設定されます。


 
Gravio Studio for Windowsの場合も同様にブラウザを開く ボタンを押してトークンを取得しますが、エラー画面となります。この状態でURLをアドレスバーからコピーして、そのURLをパネルにペースとして取得ボタンを押してください。トークンが取得されますので 設定ボタンを押すとOAuth2アクセストークン プロパティに自動的に設定されます。
 

 
ブラウザを開くボタンを押すと自動的にブラウザで認証が行われます。必要がありましたらログイン処理など画面の指示に合わせて操作してください。
 
 

 
認証が完了すると「このページに到達できません」とエラーが表示されるので、この時にURLをアドレスバーからコピーしてください。
 
 

 
コピーしたURLをパネルにペーストして取得ボタンを押すとOAuth2アクセストークンが“取得済み“となります。設定ボタンを押してパネルを閉じます。
 

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました