WriteToExcelLocalコンポーネントは、データをExcel形式でxlsxファイルに出力することができます。

入力ペイロード(cv.Payload)はJSON配列の配列か、JSON Objectの配列での入力を受け付けます。それ以外の場合は文字列に変換して、1行、1カラムのExcelファイルとして出力します。

入力ペイロード
JSON配列ペイロードの例 [[123, "abc", "xxx"], [456, "def", "yyy"], [789, "hij", "zzz"]]
JSON Objectのペイロードの例 [{"field1": 123, "field2":"abc", "field3":"xxx"}, {"field1": 456, "field2":"def", "field3":"yyy"}, {"field1": 789, "field2":"hij", "field3":"zzz"}]

コンポーネントプロパティ

プロパティー名 説明
ファイル名 ファイル出力の場合のファイル名を指定
追加 ファイルを上書き(Replace)するか、データを追記(Append)するかを指定. cp.WriteModeの値としては、 "Append" , "Overwrite" のいずれか
シート名 データを出力するシート名を指定
スタート列 出力する最初の列を指定します。
スタート行 出力する最初の行を指定します。
出力ヘッダー データを出力するときにヘッダも出力するかを選択
出力フィールド順 入力ペイロードがJSON Objectの場合、出力するフィールド名を出力させたい順に,(カンマ)で区切り列挙します

※ファイルパスを指定しないファイルの保存先はactmgr/dataとなりますが、ファイルパスを指定するファイル名の書き方は こちら を参照してください。

出力フィールド順の指定方法

JSON Objectのペイロードが下記の場合に、出力フィールド順に field3, field1 と指定するとExcelファイルが出力されます。

・JSON Objectのペイロード

[{"field1": 123, "field2":"abc", "field3":"xxx"}, {"field1": 456, "field2":"def", "field3":"yyy"}, {"field1": 789, "field2":"hij", "field3":"zzz"}]

・出力ペイロード(Excelファイル)

field3, field1
xxx,123
yyy,456
zzz,789

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました