Zigbee対応USBレシーバーのドライバーをインストール

Zigbee対応USBレシーバーをPCに差し込むとWIndows10が自動的にドライバーをインストールするため、そのまま使用することができます。
環境により自動的にインストールされるドライバーでは動作しない現象が報告されており、その場合には下記の手順にてドライバーをインストールします。

デバイスマネージーでインストールされたZigbee対応USBレシーバーのドライバーを確認する

デバイスマネージーの「ポート(COMとLPT)」を開きます。USB Serial Port (COMx)と表示されていればインストールされています。
注) COMxのxは環境により数字が変わります。


 

ドライバーを手動でインストールする

ドライバーをインストールするには、こちらのサイト からドライバーをダウンロード、実行してインストールしてください。


 

ファイルをダウンロードすると「CDM21228_Setup.exe」が保存されますので実行してください。
実行するとFTDI CDM Driversのパネルが表示されますので「Extract」ボタンを押して展開します。
展開が終了するとインストーラーが表示されますので、インストールしてください。


 

 

 

Need more help with this?
Join our slack community for help

お役に立ちましたか?

はい いいえ
お役に立ちましたか
理由をお聞かせください
フィードバックありがとうございました